中央印刷株式会社

採用事例

市川笑野様ポスター・チラシ

成功事例

事例1 A社のパッケージ さらなるシェア拡大のため、パッケージデザインを一新。当社のインラインフォイラー印刷を使用したところ、業界トップになった。
事例2 B社のパッケージ モデルチェンジに合わせ、パッケージを当社のインラインフォイラー印刷を使用。変更前に比べ売上げが20%アップした。

インラインフォイラー(コールドフォイル印刷)の特長

多彩な表現力

用紙上に平滑に貼られる箔は、その上にそのままカラー印刷ができるためデザインの自由度が高く、例えば光るグラデーションなど様々なメタリック表現が実現できます。

緻密なディテール

箔転写の際の専用糊は、インラインでオフセット印刷されます。そのため箔押しでは不可能な網点表現(120線)ができ、0.1mmの極細ラインや、5ポイントの文字といった微細な表現が可能です。

高い見当精度

箔押し(ホットプレス)等、印刷後の後加工が必要な手法とは異なり、箔貼り(箔転写)とカラー印刷、ニス引きまでがワンパスで行われるため正確な見当調整が可能です。

高い生産効率

インラインフォイラーは箔押し用の型が不要で、1つの印刷面に複数の箔表現が可能です。また紫外線(UV)に対して速乾性のあるインキを使用(UV印刷)。UV照射によって瞬時に印刷面に固着・硬化するため、他の手法よりも比較的短納期でご提供できます。

裏面への印刷も容易

箔押し(ホットプレス)に比べ、熱や圧力がそれほどかからず、用紙の変形(押跡)がありません。そのため、裏面への印刷もスムーズです。

様々な素材への印刷

インラインフォイラーでは、通常の紙以外にもPPやPET、ユポといった特殊原反への印刷にも対応しています。レアカードやパッケージ等、付加価値の高い制作物に威力を発揮します。

ホログラムにも対応

新たに開発された専用のホログラム箔とUVカラーインキの同時印刷により、インラインUVホログラムを完成させました。デザインパフォーマンスの無限の広がりと豊かさをお約束します。

擬似エンボス加工

クリアコートニスと、それを弾くOPニスの反発作用を利用し、表面に細かい凹凸を与えるコーティング方法です。印刷表面に立体感のあるエンボス調の模様を作り出し、独特の手触り感を与えることができます。

工程

日本初導入、箔+カラー+ニスの同時印刷を可能にした究極の印刷機
“インラインフォイラー”(コールドフォイル印刷)

インラインフォイル(コールドフォイル)印刷とは、オフセット印刷機に箔加工を施す
ためのユニットを取り付け、印刷用紙に金や銀といったメタリックカラーを一度の印刷
で可能にする先進的なシステムです。
ホットスタンプ(箔押し)並の品質と、従来使用されてきたメタリックインキを遥かに
上回る光沢感が得られ、最高レベルの高級印刷物をインライン生産します。
従来必要とされていた後工程も不要となるため、環境に優しい経済的な印刷を実現して
います。また、FMスクリーンによるUVインキの同時印刷により、
品質と生産性の高さを両立させています。

印刷概念
工程図

インラインフォイラーでできること

  • パッケージ
  • パッケージ
  • パッケージ
  • パッケージ
  • パッケージ
  • パッケージ

パッケージ

箔転写とカラー印刷を同時に行うインラインフォイラー印刷はパッケージの印刷を最も得意としています。ゲームソフトやたばこ、医薬品での実績もあります。メタリック紙への印刷のように白インキを使う必要がないため色数を減らせ、カラー印刷の再現性も高く、糊付け部を残すこともできます。 PPやPETといったフィルムへの印刷にも対応しています。

書籍やパンフレット

カバーに箔押しをする書籍が増えていますが、インラインフォイラー印刷はそれを短納期で実現します。また、箔押しとカラー印刷、コーティングを同時に行うため、高精度な仕上がりも期待できます。パンフレット等へ使用でも、高級感が増し、目を引く効果が高まります。また、冊子の中面にも箔を使うことができるため広告ページへの使用も効果絶大です。

  • 書籍・パンフレット
  • 書籍・パンフレット
  • 書籍・パンフレット
  • 書籍・パンフレット
  • 書籍・パンフレット
  • ポスター・POP
  • ポスター・POP
  • ポスター・POP
  • ポスター・POP
  • ポスター・POP

ポスターやPOP

インラインフォイル印刷の箔が作り出す光沢感は、インクを使用したものとは比べものにならないほど高いものです。さらに、箔の網点表現も可能にしており、階調のある使い方ができます。また、速乾性のUVインキを使用するため、箔の上にカラー印刷ができ、様々なメタリック色が表現可能です。 ポスターやPOPなどに使用することで広告効果を高めることができるため、新たな販促物の多様化にも一役買っています。

  • カード・チケット
  • カード・チケット

カードやチケット

プレミアムカードやチケットなどにもインラインフォイラー印刷は大変有効です。特にチケットにおいて期待できるのは偽造防止の役割です。インラインフォイラー印刷の箔を使った商品は簡単に偽造できません。箔による網点や演色効果によって複製が不可能であり、他の特殊な偽造防止技術が不要です。子供向けカードでもそのプレミアム感が大人気です。

擬似エンボス

擬似エンボスとは、クリアコートニスとそれを弾くOPニスの反発作用を利用し、表面に細かい凹凸を与えるコーティング技術です。艶のあるクリアコートと擬似エンボスを部分的に使い分けることによって、印刷表面に立体感のあるエンボス調の模様を作り出し、印刷だけでは味わえない上質で変化のある手触り感を与えることができます。

  • 擬似エンボス
  • 擬似エンボス
  • 擬似エンボス
  • 擬似エンボス
  • その他プレミアム
  • その他プレミアム
  • その他プレミアム

その他のプレミアム商品

インラインフォイラー印刷で付加価値の高くなる印刷物は他にもたくさんあります。CDジャケットやブックレット、カレンダー、商品ダミー、ノベルティグッズをはじめ、様々な企画商品への使用実績もあり、今後も多様化する商品・ニーズに応 えるよう日々研究を重ねておりますので、是非ご相談ください。

INLINE UV ホログラム

INLINE UV ホログラム 写真01

インラインフォイラー10色機の増設と
ホログラム箔が加わり夢の印刷技術へ

ホログラム箔とカラーインキの同時印刷により、
未知の光沢感と表現力を実現

貴社の製品クォリティーをラベル、パッケージ、ポスターで最適に表現できます。

INLINE UV ホログラム 写真02

インモールドラベル

輝くインモールドラベル

インラインUVホログラム箔による煌びやかな
インモールドラベル印刷。
ホロ箔の輝きが容器と一体化。

インモールドラベル 写真01

UV オフセットインラインフォイラーによるインモールドラベルの魅力

箔は、受けた光を輝きで返すというインクでは表現できない訴求力をもっています。
当社の提案するインモールドラベルは、多くのパッケージやポスター、カタログ等で実績のあ
るUV インラインフォイラー機を用い、紙媒体と同一の手法で箔の印刷を行います。質感に優
れたメタリックカラーはもちろん、高精細、高精度な箔のアミ表現や、プロセスカラーと組み
合わせたグラデーションまで…。不可能だとあきらめていた複雑なデザインにも対応可能で
す。
UV オフセットインラインフォイラーによるインモールドラベルで、今まで存在しなかった表
現を形にしてみませんか?

インモールドラベル 写真02

インモールドラベル

・貼付工程が不要でコストダウンにつながる。
・耐水性、耐薬品性、耐摩擦性に優れる。
・精密な図柄やカラー印刷が可能。
・紙ラベルのように使用後、剥がして分別する必要がない。

その他のラベル

タックラベル

ラベリング工程が必要なのと、仕上がりは段差があり剥がれやすいのが難点。
また、廃棄時にラベルと本体の分別が必要。

シュリンクラベル

本体と完全に密着するものではないため、水回りの使用には敬遠される。
安っぽいルックスで安価。

スクリーン印刷

ラベルではないが、ボトルに直接印刷する手法。
写真などの連続階調表現には向かない。高コスト。

クリアホロ

クリアホロ 写真

画期的な真贋判定、偽造防止技術
インラインフォイラー印刷で培った
技術のその先へ。
「クリアホロ」(商標登録済)

手軽にできる真贋判定

特別な器具を使うことなく、セロテープを貼ってはがすだけで、お客様のご希望する絵柄・文字がホログラムで出現し、真贋判定ができます。

①印刷物に ②セロテープを貼って ③はがすとホログラムが出現

高いデザイン性

通常のインキと同様に印刷できるためデザインの自由度は高く、
スポット的な仕様はもちろん、複雑かつ細かい部分まで再現が可能です。

強力な偽造防止技術

インラインフォイラーとの組み合わせにより、高い美粧性と強力な偽造防止効果を得ることができます。

インラインフォイラー印刷機詳細スペック

ローランド700インラインフォイラー7色機(2006年導入)
ローランド700インラインフォイラー10色機(2011年導入)

仕様

機械名称 ROLAND 700 HiPrint(マンローランド社製)
印刷ユニット (7色機)7胴+チャンバーコーター

(10色機)10胴+チャンバーコーター
印刷可能用紙厚 0.04mm~1mm 未満に対応。
用紙寸法(最小) 469mm×636mm
用紙寸法(最大) 740mm×1,040mm
印刷領域(最大) 730mm×1,030mm
箔印刷領域(最大幅) 980mm
品質管理

インライン紙面検査装置(Lab-Vision)

CCDカメラにより、1枚1枚インラインにて
印刷面の濃度変化、キズの有無の検査を行いま
す。不良品は検出され次第、損紙分離排紙シス
テムにより、デリバリー部とは、別に排出され
ます。

インライン紙面検査装置

濃度、色相数値管理装置(カラーパイロット)

印刷物1枚1枚に、カラーパッチを印刷し、そ
の濃度を計測し保管することにより、色再現性
を確保します。

濃度、色相数値管理装置

環境保護への取り組み

中央印刷株式会社は企業活動と地球環境の調和を目指し、環境に対する直接的及び間接的な有害な影響を減少させることにより、環境にやさしい良き企業市民としての社会的責任を果たします。
コールドフォイルのリサイクル

特殊印刷で使用されるロール箔を廃棄せずにリサイクルし、環境負荷の軽減に努めています。

ISO 9001取得

品質第一に徹し、完成度の高い製品をおとどけしています。

ISO 14001取得

21世紀に向けて、環境にやさしい印刷物をつくっています。

その他弊社のご紹介はこちら

お問い合わせ・お見積りは

お問い合わせ・お見積もりフォームへ お電話でのお問い合わせは 03-3973-0201(代表)

[本社]〒171-0042 東京都豊島区高松 1丁目 10番 2号 NH西池袋ビル5F
[岡谷工場]〒394-0048 長野県岡谷市川岸上1丁目 1番 20号